20150117_01

おはようございます。
この写真は、阪神西宮駅の南に設置されております。
阪神大震災まで存在していた、「西宮中央商店街」のアーケードに掲げられていた時計です。
震災時の5時46分で停まっております。

あれから20年が経ちました。
建物は綺麗になり、阪神電車は高架になりました。
震災の年に生まれた人が今年成人式だったわけですから、高校生以下の方はもう震災すら知らない世代だということになります。
もちろん私自身も被災者です。別に不幸自慢をする気はありませんし、私よりも大変だった方もたくさんおられます。
が、私も震災によって人生を大きく変えられた一人であることは確かです。
震災で何を学んだのかなんて、正直わかりません。
ただひとつだけ確実に言えることは

「二度とあんな目に遭うのはごめんだ」

ということだけです。
でも、地震はまた来るかもしれないですし、私が生きてる間は来ないかもしれない。震災当時、自衛隊出動を断った市長だか知事だかもいました。
水汲みをしていると、いいおっさん、おばさんが順番を抜かそうとしている光景を何度となく見ました。
人間の汚い部分、弱い部分を当時19歳だった私は目のあたりにしました。
でも、良い人もたくさんいました。
表現を変えるとするなら、汚い人間と良い人間がいるということでしょうか。
当時、私は医療人ではありませんでしたので、柔道をしていて体力がありましたので、水汲みを手伝ったり、今にも倒れそうな家屋から、家具等を運び出したりということをさせていただきました。
当時の私は、そんなに気にもかけず、頼まれたから「はい」と言ってやっただけなんですが、当時倒壊しかけの家屋から家具等を運んだ方からは、今でもそのことを「あの時はありがとう。あんな危険な中、嫌がりもせずに家の中に入ってくれて」
と感謝されます。
実を言うと、「まさか倒れるはずはないだろう」と思い込んでいたからなんですね。話を聞くとその後余震で崩れたそうで・・・
今考えると恐ろしいですね。

日本が、兵庫県が、西宮がもしまた災害等で機能停止に陥ったとき、今の私ならいったい何ができるのだろうか?

当時よりも人の役に立てるのだろうか?

この日は特にそういうことを考えさせられます。

被災者だからこそできること。
医療人だからこそできること。
人より体力があるからこそできること。
そして、それらを含め、私にしかできないこと。

そういうことを考えるのは、とても大事なことだと思います。
是非この記事をご覧の皆様も、一度「利他」の精神で考えてみてください。

さて、本日の予約状況ですが、残り1名様のみとなっております。
時間は12時だけとなります。
受診をご希望の場合は、9時になりましたら0798-38-8455までお電話くださいませ。

休み中のご予約は当院ホームページからお取り下さい

ネット予約は12時間後以降のご予約が可能です。
▼Web予約はこちらからどうぞ

▼予約専用電話番号
0798-38-8455

※休診日・受付時間外にお電話をいただいてもご予約を取ることはできません。受付日、受付時間内にお電話いただくか、ネット予約ページからご予約をお取り下さい。
なお、お電話の場合は予約の変更等の受付も、必ず受付時間内にお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です