さて今日の健康新常識です。

『椎間板ヘルニアか脊柱管狭窄症と診断された腰下肢痛患者73名を対象とした硬膜外ブックに関するRCT(ランダム化比較試験)によると、ステロイド剤+局所麻酔剤群と生理食塩水+局所麻酔剤群の間に改善率の差は認められなかった。ステロイド注射は無効?』
http://1.usa.gov/qAFypS

抗炎症剤としては最も強力なステロイド剤が、ヘルニアや脊柱管狭窄症の患者には全く効果が無かったようです。
ということは、これらの痛みは炎症によるものではないということになりますね。
ステロイド剤は長期服用すると副作用がきつい薬です。無駄に飲まないようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です