7月14日(火)本日の健康新常識です。

『坐骨神経痛患者を対象とした牽引群とシャムトリートメント(擬似牽引)群に割り付けた二重盲検ランダム化比較試験によると、両群の間に疼痛や理学所見の差は認められなかった。
腰痛や坐骨神経痛に対して牽引が有効だという証拠はない。』(1975年)

http://1.usa.gov/qWLMLj

これも牽引が効果的でないという論文です。
なんと40年前のものですね。
日本の整形外科は40年前に効果無しと言われた治療をまだやっております。
日本の医療が世界から50年取り残されているといわれる所以です。
日本ではまだ死者はでていませんが、欧米では牽引治療によりエコノミー症候群となり、死亡した方もおられます。
腰痛で死ぬことは絶対にないですが、その腰痛の治療によって死ぬというのはありえません。
腰痛、肩こりの際は牽引治療をしない院をお選びください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です