7月18日(土)本日の健康新常識です。

『急性腰痛患者186例を対象としたRCT(ランダム化比較試験)によると、安静臥床群、ストレッチ群、日常生活群のうち、最も早く回復したのは日常生活群で、最も回復が遅かったのは安静臥床群だった。腰痛に安静第一は間違い。むしろ回復を妨げる。』
http://1.usa.gov/mOolz9

もう何度も書いておりますが、急性腰痛(ギックリ腰)の際、安静に寝ていると治りが悪くなります。
痛みがあってもなるべく日常生活を普通に送るように心がけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です