7月21日(火)本日の健康新常識です。

『腰のX線撮影による放射線被曝量は、胸の写真に換算すると150回分に相当し、4方向から撮影した場合、卵巣への被曝量は6年~98年間毎日、胸の写真を撮った被曝量に匹敵する。』
http://1.usa.gov/ify8x6
http://1.usa.gov/kjcHDP

日本や唯一の原爆被害国であり、福島原発での放射能問題がありますが、レントゲン等の被曝被害はあまり言及されません。
しかし、実際画像検査が原因で癌等の病気になっている人がいるのも事実。
腰痛や肩こりにレントゲンは全く必要ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です