8月1日(土)本日の健康新常識です。

『航空機製造会社に勤務する3,020名を対象とした4年以上にわたる前向きコホート研究では、腰の柔軟性を測定することで過去の腰痛歴や将来の腰痛発症率は予測できないことが判明。腰痛疾患に対するストレッチの有効性に疑問あり。』
http://1.usa.gov/nrEjPB

柔軟性と腰痛とは無関係であることが科学的に証明されたわけです。
当院にもヨガのインストラクターの方が腰痛で受診されております。
ただ、ストレッチが悪いといっているのではありません。
心身の健康のためにストレッチは大いに活用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です