8月11日(火)本日の健康新常識です。

『腰痛患者520名を対象に診療ガイドラインに従った治療群と従来の治療群の治癒率、再発率、満足度、医療費を1年間追跡して比較した研究によると、従来の治療群よりガイドライン群の方がすべての面でかなり優れていることが判明。』
http://1.usa.gov/reNbPT

新しい腰痛概念に基づく治療は従来の治療をはるかに凌駕する成績が得られます。
診療ガイドラインでは、腰痛には整体、鍼灸治療が推奨され、低周波、牽引等は全く推奨されておりません。
また、レントゲン検査等も推奨されておりません。
腰痛の際は整形外科よりも、まずは国家資格を持った整骨院や鍼灸院を受診しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です