8月17日(月)本日の健康新常識です。

『腰痛で長期欠勤している患者975名を3年間追跡したRCT(ランダム化比較試験)によると、200日後の復職率は教育プログラム(従来の常識はすべて忘れて怖がるなという指導)群が70%だったのに対して、標準的治療群はわずか40%でしかなかった。』
http://1.usa.gov/mUEwJH

従来の標準的な治療よりも新たな腰痛概念に基づく教育プログラムの方がはるかに有効だということがランダム化比較試験で証明されたわけです。
腰痛にまつわる根拠のない迷信や神話は一日も早く忘れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です