おはようございます!
ギックリ腰(急性腰痛)で受診される方がとても増えております。
仕事で、旅先で、家で・・・・
状況は様々ですが、疲れが溜まっていたり、ストレス過多だったりが原因になっていることが多いです。
少しウォーキングして、ゆっくり風呂に入って、早めに就寝するだけでも予防できます。
もしギックリ腰(急性腰痛)になってしまったら・・・

『1966年~1996年に発表された急性腰痛患者に対するアドバイスに関する論文をレビューした結果、安静臥床は効果がないばかりか回復を遅らせるが、日常生活を続けると職場復帰が早く、慢性化を防ぎ、再発率も低下することが判明。』
http://1.usa.gov/iKlS4V

痛くても、なるべく仕事等を休まず、日常生活を普通に送ってください。
安静にすることで回復が遅れます。
世界最新の腰痛治療ガイドラインの内容ですので、世界の先進国の腰痛治療の基準ですので、医療に関わる人間は知らないでは済みません。
もし「安静にしてて」とか「腰をひっぱりましょう(牽引治療)」とか、「湿布を出しておきます」と言われたら、その院で治療は即刻中止し、適切な治療とアドバイスをする院に受診しなおしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です