9月8日(火)本日の健康新常識です。
9月7日(月)の続きです。

『イギリスの腰痛診療ガイドラインは心理社会的因子について次の4つの事実を指摘している。
(2)心理社会的因子は自覚症状や他覚所見よりも慢性化の危険因子である。

http://bit.ly/nfz2B2

次回に続きます。

AHCPR(アメリカ医療政策研究局)を引き継いだ形の腰痛診療ガイドラインです。
欧米では、2001年の時点ですでにここまで言及していたのです。
それに比べて日本はどうでしょう。
利権もいいですが、本当に国民に健康を提供していかないといけない時だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です