9月30日(水)本日の健康新常識です。

『脊椎固定術を受けた783名の中から労災患者60名の転帰を調べた結果、
2年後の改善率は活動障害が19%、健康状態が16%でしかなく、疼痛スコアもかなり高かったことから、
労災患者に対する脊椎固定術は危険な賭けでしかない。』

http://1.usa.gov/rfDCbl

もし自分が患者だったら脊椎固定術を受けようと考える脊椎外科医はほとんどいません。

そのことは知っておいた方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です