10月2日(金)本日の健康新常識です。

『20~80歳までの腰痛未経験者67名を対象にMRIで腰部椎間板を分析した結果、21~36%に椎間板ヘルニアが、50~79%に椎間板膨隆が、34~93%に椎間板変性が確認されたことから、手術の選択は慎重にすべきと結論。』
http://1.usa.gov/knGWuH

椎間板の異常と痛みやしびれは関連性がありません。
よってほとんどの場合手術の必要もありません。
ヘルニアの原因は遺伝子だと判明しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です