10月5日(月)本日の健康新常識です。

【退役軍人医療センターで疼痛評価を導入する前後の臨床転帰を比較した結果、
疼痛を5番目のバイタルサインとして日常的に評価しても疼痛治療の質は向上しなかった。
疼痛評価が臨床転帰に影響を与えるというエビデンスはほとんどない。】

http://1.usa.gov/pYo6OL

腰痛にしろ、肩こりにしろ「痛み」という症状にフォーカスしても治療効果は上がりません。
痛みの原因をしっかり改善していくことで、徐々に痛みもなくなってくるということです。
痛いというのはストレスですが、なるべく気にせず生活するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です