10月13日(火)本日の健康新常識です。

『過去の不幸な出来事は明らかに慢性腰痛の危険因子ではあるが、
両者間にU字曲線が見られたことから軽度の逆境体験は保護的に働く可能性が浮上。
軽度の逆境体験者は慢性腰痛による疼痛障害が小さく医療の利用率も低いことが判明。』
http://1.usa.gov/ol0hCX

軽いストレスは慢性疼痛を予防するらしいということです。
幼いうちから我慢をさせてある程度のストレスにさらすことで、大人になっても健康でいられるということです。
なんでも甘やかせすぎはよくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です