10月20日(火)本日の健康新常識です。

『耐え難い腰痛を訴える椎間板に起因する腰痛患者は、
手術を受けなくても3年後には68%が改善し、労災補償患者でさえ80%が改善していた。
改善率が68%を超えられないのであれば、ある治療法を椎間板変性腰痛に実施すべきでない。』
http://1.usa.gov/LPB9IN

手術は万能ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です