10月24日(土)本日の健康新常識です。
10月23日(金)の「むち打ち関連障害の診療ガイドライン」からの続きです。

『ケベック特別調査委員会(タスク・フォース)は、
最優先課題としてむち打ち症(whiplash injury)の定義を明確にする必要があった。
特別調査委員会でコンセンサスが得られたむち打ち症の定義は以下の通りである。
むち打ち症(whiplash injury)とは自動車の衝突事故や落下事故などで
前後または側面からの加速減速エネルギーが頚部に衝撃として伝達されることによって、
骨組織や軟部組織の損傷を招いて多種多様な症状が生じるものである。』
http://1.usa.gov/LYNegq

交通事故によるムチウチは色々な症状が出ます。
また、加害者や、加害者と契約している保険会社の対応次第で治るまでの期間にばらつきがあることもデータとして出ています。
私も以前事故の被害者になったことがありますが、人身担当の方の対応、良くなかったのでイライラしたこともあります。
もちろん、たいしたケガもないくせにお金をむしり取ろうとする輩もいるので、疑心暗鬼になるのもわかりますが、なるべく真摯な対応を心がけることで早く治りますので我々治療家側からすると、ぜひとも保険会社の方々には、早く治るためのお手伝いをしていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です