10月27日(火)本日の健康新常識です。

『腰痛患者782名を対象としたMRIかCTを早期に使用した場合の
臨床転帰と費用対効果に関するRCT(ランダム化比較試験)では、
早期画像検査による臨床転帰の改善は認められず費用対効果が低いことが判明。
X線撮影だけでなくMRIやCTも役立たない。』
http://1.usa.gov/s0OkVE

レントゲンもCTもMRIも腰痛の改善には役立たないことが科学的に証明されています。
時間とお金の無駄遣いはやめましょう。
これはすでに世界の常識なのになぜ日本人だけが知らされていないのか不思議でなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です