11月2日(月)本日の健康新常識です。

『腰下肢痛患者246名を対象にMRI所見と保存療法の治療成績について2年間追跡した結果、
椎間板ヘルニアは腰痛患者の57%、下肢痛患者の65%に検出されたものの、
治療成績とヘルニアのタイプ、大きさ、活動障害は無関係だった。』
http://1.usa.gov/tZmk9p

画像検査で認められる椎間板ヘルニアのタイプやその大きさは、
症状や治療成績とは無関係
だという証拠です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です