11月3日(火・文化の日)本日の健康新常識です。

『米国ではCTやMRIによる画像検査は5年間で43%増加し、
PETスキャンに至っては4年間で3倍に増加。
民間の大手保険会社はこうした医療費の高騰を抑えるために
放射線ベネフィットマネージャーを使って医療調査を開始した。』
http://on.wsj.com/uhkJdN

医療先進国アメリカではすでに無駄な画像検査による医療費の高騰、放射能被曝に対し、
危機意識を持って取り組んでいます。

日本もそろそろ医療放射線の問題に着手するべきではないでしょうか。
不必要な放射線被曝は避けた方がいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です