11月7日(土)本日の健康新常識です。

『レッドフラッグのない腰痛患者に対するルーチンな早期画像検査にメリットのないことは明らかだが、
それを一人の患者に説明するのに30~45分かかるために診療スケジュールが大混乱する。
時は金なりが過剰な画像検査の最大の理由。』
http://1.usa.gov/rpcVg2

健康保険で良い医療は提供できないということですね。
健康保険での治療は「生きていれば良い」という最低限の治療です。
歯医者なら「噛めればそれでいい」というレベル。
これは整骨院でも同じです。
最先端で、かつ正しい医療を受けられるのは自費治療しかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です