11月11日(水)本日の健康新常識です。

『メディケア受給者を調査した結果、11年間で腰痛患者(132%増)の医療費は387%増加し、
2年間でブロック注射の費用は59%、MRIとCTの費用は42%増加。レッドフラッグのない61%がMRIを受けていた。』http://1.usa.gov/tWSnmN

腰痛患者が増えるとそれに伴い医療費も高騰し続けます。
日本ではレッドフラッグ(危険信号)のない患者のほぼ100%に画像検査が行なわれています。
このままだと遅かれ早かれ健康保険制度は崩壊の危機に瀕するでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です