11月16日(月)本日の健康新常識です。

『腰痛疾患に対するオピオイド(麻薬系鎮痛剤)投与は増加傾向にあるが、
オピオイドに関連する死亡者数は5年間で160%増加し、
ヘロインとコカインによる総死亡者数を上回っている。』
http://1.usa.gov/tWT5d4
http://1.usa.gov/ahierm

日本のオピオイド使用量はアメリカほどではないにしろ、
慢性腰痛がどれだけ深刻な問題かを伺わせるデータです。
断じて腰痛疾患を慢性化させてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です