11月17日(火)本日の健康新常識です。

『この10年で慢性腰痛の画像検査と治療の実施率が急上昇。
硬膜外ブロックが629%、オピオイド投与が423%、MRI307%、
脊椎固定術が220%増加したものの、治療成績に改善は認められない。
不適切な過剰診療は控えるべき。』
http://1.usa.gov/uvRl1n

腰痛診療ガイドラインが完全無欠とはいいませんけど、もしガイドラインに従えばこんな効果のない不適切な過剰診療は行なわれません。
そろそろ費用対効果の高い安全な診断と治療に切り替えましょう。
お金と時間の無駄だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です