11月25日(水)本日の健康新常識です。

『腰痛予防に関する体系的レビューの結果、柔軟体操、ウイリアム体操、
マッケンジー法などの運動療法には筋力・持久力・柔軟性向上以上の利点があり、
動作や活動に対する自信、損傷に対する恐怖心、疼痛の捉え方を変化させる可能性あり。』
http://1.usa.gov/vi52lt

実に見事な考察です。
運動を認知行動療法のひとつと考えればすべて辻褄が合います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です