12月1日(火)本日の健康新常識です。

『慢性筋骨格系疼痛にうつ病と不安障害が併存する患者は疼痛の重症度が最も高い。
一部の医師は疼痛の治療によってうつ病や不安障害も改善すると信じているが、
もし医師が疼痛の治療だけに集中すれば誤診と過少治療に繋がる可能性がある。』
http://1.usa.gov/vndBSW

臨床経験から書かせていただきますと、うつ病の方は全身あちこちが痛いと言われる方が多いです。
しかも、その場所や痛みの程度が日によって変わります。
原因はその場所になるのではなく、脳にあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です