12月2日(水)本日の健康新常識です。

『農業従事者1,221名と非従事者1,130名を対象にした前向きコホート研究では、
腰への負担が大きいほど腰痛発症率が低下。
腰痛の原因は「摩耗・損傷モデル」では説明不可能。
腰の健康を保ちたいなら肉体労働を恐れてはならない。』
http://1.usa.gov/uk4Nk9

患者も医療関係者も肉体労働によって腰痛が発症すると思い込んでいます。
その思い込みが腰痛の発症率を高めていることに、一日も早く気づいていただきたいと切に願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です