12月19日(土)本日の健康新常識です。

『有痛性の骨粗鬆症椎体骨折患者を対象としたRCT(ランダム化比較試験)によると、
骨セメントを注入する経皮的椎体形成術群(38例)と模擬手術群(40例)の術後成績に差は認められず、
両群とも急速に痛みが軽減した。椎体形成術はプラシーボに勝てず。』
http://1.usa.gov/jPz9Pb

骨粗鬆症による椎体圧迫骨折の中には痛みを訴える患者さんがいます。
その治療法として骨セメント療法が脚光を浴びていますが、残念ながらその成績はプラシーボ効果だったことが証明されたわけです。
腰痛があってもなくても、「いつのまにか骨折」は無関係ですので整形外科に受診する必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です