1月22日(金)本日の健康新常識です。

『神経根症状とは、
「腰痛よりも片側下肢痛が重篤」
「足またはつま先へ放散する痛み・しびれ・感覚異常」
「SLR(下肢伸展挙上)テストで下肢痛が再現」
「局所における神経徴候」
で、発症後4週間以内は専門医へ紹介する必要がない。』
http://amzn.to/Hk8veA

これも6週間以内に50%の患者が回復するグリーンライト(自己限定性疾患)です。
世界の腰痛治療ガイドラインでは画像検査は推奨されていません。
画像検査をして騒ぎ立てているのは日本だけです。