1月29日(金)本日の健康新常識です。

『自動車事故後に慢性疼痛を訴える335名を対象にした多施設共同研究によると、
患者の48%が腰痛の既往歴を、
42%が頚部痛の既往歴を、
76%が共存症の既往歴を申告しなかったことから、
事故直後の病歴聴取の妥当性は低いと判明。』
http://1.usa.gov/uq3kw9

これは海外のデータですが、私の経験上では日本でも同じですね。
当院は交通事故の場合は自賠責保険での治療も可能ですが、積極的に周知活動はしておりません。
もちろん、ムチウチ等で本当にお悩みの方をしっかり診ていくのは私の仕事の本分ですが、最近は慰謝料アップ目的で、全然悪くないのに治療費が無料なので毎日通院しようとする輩が多いからです。
また、そういう輩に限って予約しない、しても時間を守らない、態度が悪いと三拍子揃っております。
何度も保険会社に「あの人慰謝料目的で、全然悪くないですよ」と電話しましたが、保険会社も自賠責は会社負担じゃないので「なんとか先生のところで診てもらえないですか」などと言ってくるので、なんか中間管理職みたいな位置になるので本当に不快なんです。
本当に事故で怪我をされたは責任を持ってみさせていただきますが、慰謝料目的の方はすぐにわかりますから追い出しますので最初から当院には来ないでくださいませ。