2月23日(火)本日の健康新常識です。

『高齢者などのハイリスク集団におけるNSAIDの潰瘍合併症のリスクはかなり大きいが、
ローリスク集団でさえNSAIDの長期使用で年間1~5%が潰瘍合併症を起こしていて、
OTC薬でも無視できないリスクが存在する。』
http://goo.gl/FIMaLJ

近年における鎮痛薬の使用料増加が腰痛患者の改善につながったというエビデンスはほとんどありません。
その一方で、鎮痛薬(特にNSAID)の使用によって高齢者の有害事象(副作用+合併症)および死亡者数が増加したことを示す十分なエビデンスがあります。
要するに腰痛に痛み止めはあまり意味ないだけでなく副作用で健康を害するということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です