2月24日(水)本日の健康新常識です。

『脊椎医療の分野では、腰痛や頚部痛の発症および慢性化に対する社会的影響を過小評価、もしくはほとんど無視してきた。
しかし、社会的疼痛は身体的疼痛と同様に無視できない疼痛である。
人は社会的な絆に支えられて生きているのだから。』
http://1.usa.gov/jfBai5

過去に受けた社会的苦痛によって慢性疼痛が発症することを示唆している研究です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です