根拠に基づく腰痛治療④

初期評価

3:馬尾症候群の徴候である膀胱機能障害やサドル麻痺を伴う下肢の筋力低下は、重大な神経障害を示唆するレッドフラッグ(危険信号)とする(確証度C)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

4:外傷の既往歴(若年成人の高所からの転落や交通事故、高齢者や骨粗鬆症患者における転倒や重量物の挙上)は、骨折の可能性を念頭に置く必要がある(確証度C)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

レントゲン等の画像検査が必要な場合はとても限られているということです。