画像検査2

2:腰椎の単純X線撮影は、最近の重度外傷(全年齢)・最近の軽度外傷(50歳以上)・
長期のステロイド服用・骨粗鬆症・70歳以上というレッドフラッグがある場合、
骨折を除外するために推奨する(確証度C)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

これくらいの条件でない限り、レントゲン検査の必要性はありません。無駄な検査を受けるのはやめましょう。