画像検査3

3:単純X線検査にCBCとESRの併用は、がんや感染症の既往・37.8℃以上の発熱・静注薬の乱用・
長期のステロイド服用・安静臥床で悪化する腰痛・原因不明の体重減少が存在する場合、
腫瘍と感染症の鑑別に有効(確証度C)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

レッドフラッグの疑いがある場合は、画像検査と血液検査の併用が有効です。