画像検査4

4:腫瘍や感染症を疑わせるレッドフラッグ(危険信号)が存在する場合、単純X線撮影で異常所見がなくても骨スキャン、CT、MRIが必要となる可能性がある(確証度C)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

レッドフラッグの場合は必ず複数の検査が行われます。