画像検査7

脊椎腫瘍・感染・骨折・その他の占拠性病変の存在が強く疑われる場合は、
CT・MRI・ミエログラフィー・CT-ミエログラフィーによる検査を実施することが推奨される(確証度C)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

細かい検査をするのはレッドフラッグが疑われる場合のみです。
むやみに画像検査をする必要はありません。