患者への情報7

急性腰痛患者は、長時間座り続けたり、重い物を持ち上げたり、
物を持ち上げる際に腰を曲げたり捻ったりなど、
脊柱に構造的負担がかかる特別な活動を一時的に制限したり
避けたりることで楽に過ごせる可能性がある(確証度D)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

これはかなり低い確証度です。
長時間座り続けることは良くないことがすでにわかっております。