患者への情報8

急性腰痛患者の活動量や作業内容の変更を検討する際、年齢と全般的な健康状態、
仕事で要求されるだけの体力があるかどうかを考慮する必要がある(確証度D)。
http://1.usa.gov/uhlYSO