おはようございます!松村です。

昨日、久しぶりにCoCo壱番屋JR西宮店に行ってきました。
ヒレカツカレーにチーズトッピング!
1辛でも汗が出ました(笑)

さて去年末から腰痛で受診されていた30代女性の患者さん。
お話を聞かせていただくと、慢性的な腰痛にも悩まれていたのですが、生理前のイライラ、生理前になると腰痛がひどくなるだけでなく偏頭痛まで起こるという、月経前症候群(PMS)の典型的な症状でした。

腰痛の治療をするだけだと腰痛も改善しにくいと判断したため、患者さんには腰痛とともに月経前症候群(PMS)の治療をすることも提案させていただくと、

「ホントはむちゃくちゃ悩んでいたんですけど、薬はいややし諦めてたんです」

とのことでした。

ハイチャージを全身&PMS用の2バージョン同時で通電。
脈診、舌診、腹診で東洋医学的に身体の異常を見つけ、鍼灸治療。
その後、身体のバランスを整える整体治療。
 
このフルコースで骨盤内臓器、そなわち卵巣や子宮の血行を良くしていきます。
自宅でできる簡単な骨盤底筋トレーニングもお伝えしました。

先日7回目の治療に来られた際に調子をお伺いしたところ

「生理前のイライラがかなりマシになりました♪もう全然違う!ホントに治療してもらってよかった〜!!」

と喜んでおられました。
体質改善には長期間必要ですので、現在は月1回のペースで治療を続けておられます。
月経前症候群の場合、症状の変化が見られるまでの期間は2週間に1回のペースで治療します。
早い人では1ヶ月、遅い人でも半年くらいでかなり症状に変化があるので、症状が軽くなった時点で1ヶ月に1回のペースにしていきます。

やたらと高頻度で通院されるようなことはしませんので、月経前症候群でお悩みの方は安心してご相談くださいね。

さて本日の予約状況です。

新患さんの当日予約の状況

本村副院長の空き状況

  • 15:30→1名
  • 18:00→1名

松村院長の空き状況

  • 空きなし

(院長受診をご希望の場合は前日までにご予約ください)

再診さんの予約可能人数

  • 残り1名様

 
となっております。
受診をご希望の方は今すぐ0798-38-8455までお電話ください。

2017年3月3日(金)整骨院の予約状況

腰には負担をかけろ

■農業従事者1,221名と非従事者1,130名を対象にした前向きコホート研究では、腰への負担が大きいほど腰痛発症率が低下。腰痛の原因は「摩耗・損傷モデル」では説明不可能。
http://1.usa.gov/uk4Nk9

身体を動かすことが腰痛予防になります。

お休み中のご予約はインターネット予約をご利用ください

▼Web予約はこちらからどうぞ
インターネット予約はこちらからどうぞ

*当日のご予約はインターネットからはお取りできません。
本日の受診をご希望の方はお電話にてご予約くださいませ。

▼お電話でのご予約はこちらからどうぞ
0798-38-8455

※休診日・受付時間外にお電話をいただいてもご予約を取ることはできません。
受付日、受付時間内にお電話いただくか、ネット予約ページからご予約をお取り下さい。
なお、お電話の場合は予約の変更等の受付も、必ず受付時間内にお願い致します。