おはようございます、松村です。
今年に入ってから、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症の両方と整形外科で診断された50代女性の方が通院されています。

診断自体は1年半ほど前からされていて、整形外科で牽引療法や整骨院でマッサージなどを受けていたようです。
しかし症状はいっこうに良くならないばかりかひどくなったので、色々な治療院を回ったものの、どこに行っても似たようなことしかされないので半ば諦めていたようでした。

そんな時、当院を見つけてくださり受診されました。
先日、受診された時に

「去年は明らかに足を引きずっていたんですけど、今は歩くのが楽になってきました」

と喜んでおられました。

最初から適切な治療をしていたらもう少し早く結果を出せるのですが、牽引療法やマッサージという間違った治療を1年以上も受けていたため、最初はなかなか治療効果が出ずに難儀しました。

医療に携わる人間として、常に正しい情報と仕入れ、適切な治療を提供し続けたいと思いました。

さて本日の予約状況ですが、すでに埋まっております。

土曜日に受診をご希望の方はできれば2週間前、無理でも1週間前までにはご予約をお取り下さい。

2017年4月1日(土)整骨院の予約状況

成人の急性腰痛診療ガイドライン

■AHCPR(アメリカ医療政策研究局)が作成した『成人の急性腰痛診療ガイドライン』では急性腰痛の診断について【初期評価】【画像検査】【その他の検査】ごとにエビデンスレベル(科学的根拠の確証度)を明記して勧告を出している。

【画像検査】
9:腰椎外科手術の既往歴のある急性腰痛患者において、腰椎外科手術による瘢痕組織と椎間板ヘルニアを鑑別するための画像検査にはMRIを用いる(確証度D)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

お休み中のご予約はインターネット予約をご利用ください

▼Web予約はこちらからどうぞ
インターネット予約はこちらからどうぞ

*当日のご予約はインターネットからはお取りできません。
本日の受診をご希望の方はお電話にてご予約くださいませ。

▼お電話でのご予約はこちらからどうぞ
0798-38-8455

※休診日・受付時間外にお電話をいただいてもご予約を取ることはできません。
受付日、受付時間内にお電話いただくか、ネット予約ページからご予約をお取り下さい。
なお、お電話の場合は予約の変更等の受付も、必ず受付時間内にお願い致します。