おはようございます、院長の松村です。

先週受診された30代女性の患者さん。
大学を出てから働いている会社で、ずっとデスクワークとのことで、働き出してからずっと肩こり、偏頭痛に悩まされていました。

脳神経外科、保険が効く整骨院、整体屋さん、マッサージ屋さんと色々行ったそうですが、病院は薬だけ、その他は名前が違うだけでマッサージだけでその時は楽になるけどすぐにまた元に戻ってしまうということでした。

お身体を診させていただくと、ものすごい歪みが。。。
一日中パソコンをしているそうで、その時の姿勢も悪いのでしょう。

股関節、手首、肘を使って全身を調整。
写真でBefore&Afterをお見せすると

「え?なんでこんなに変わるんですか?」

と驚いておられました。

先日、2回目の受診。
調子をお伺いすると

「頭痛が出ないんです!おかげさまで仕事がむっちゃはかどります!」

と笑顔で言われました。
さて、実はここからが勝負。
症状が消えてしまうと、まだ根本が改善されていないのに治療をやめてしまう方もおられます。

良い状態をしっかり定着させ、少々無理しても症状が出ない身体作りをしていかなければなりません。

この患者さんにもお伝えすると

「はい!せっかくなので徹底的に治したいです!」

とおっしゃられたので安心しました♪
 
さて本日の予約状況です。

新患さんの当日予約の状況

本村副院長の空き状況

  • 15:00→1名
  • 16:00→1名
  • 17:00→1名
  • 18:00→1名

松村院長の空き状況

  • 空きなし

再診さんの予約可能人数

  • 残り4名様まで

 
となっております。
受診をご希望の方は急いで0798-38-8455までお電話ください。

2017年4月26日(水)整骨院の予約状況

成人の急性腰痛診療ガイドライン

これからAHCPRの『成人の急性腰痛診療ガイドライン』が勧告している急性腰痛の治療について、【患者への情報】【薬物療法】【保存療法】【外科手術】に分けてエビデンスレベル(科学的根拠の確証度)を明記して紹介していきます。

【患者への情報】
6:急性腰痛に安静臥床(安静に寝ている)の必要はない。ただし、主に下肢痛を訴える患者で初期症状が強い場合は、2~4日間の安静臥床を選択肢として選ぶことができる(確証度B)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

「腰痛=安静」と指導する医療人は、あまりにも勉強不足すぎます。

お休み中のご予約はインターネット予約をご利用ください

▼Web予約はこちらからどうぞ
インターネット予約はこちらからどうぞ

*当日のご予約はインターネットからはお取りできません。
本日の受診をご希望の方はお電話にてご予約くださいませ。

▼お電話でのご予約はこちらからどうぞ
0798-38-8455

※休診日・受付時間外にお電話をいただいてもご予約を取ることはできません。
受付日、受付時間内にお電話いただくか、ネット予約ページからご予約をお取り下さい。
なお、お電話の場合は予約の変更等の受付も、必ず受付時間内にお願い致します。