おはようございます、院長の松村です。

私と副院長の本村先生が行う治療には、二つの要素があります。
そのベースとなる考え方が

【Evidence Based Medicine】

というもの。

「根拠に基づく医療」

という意味です。
良心的に、明確に、分別を持って、最新最良の医学所見を用いる医療のあり方と定義されています。

私達医療の国家資格者は、単に技術を磨くだけではいけないということです。

医療の世界は日進月歩。
世界では腰痛の研究が盛んに行われています。
今の日本の整形外科は20年遅れていると言われています。

【Evidence Based Medicine】を実践するためには、「知識」「技術」「経験」が必要。

技術は毎月アップデートするために勉強会に通っています。
経験は、さすがに20年以上の臨床、のべ15万人近くの経験となりました。

そんな中、以前に受講した講座ですが、さらにアップデートされたということで、知識のアップデートをしに東京まで行ってきました。

知れば知るほど奥が深いなと感じることと、その逆に私たちが教わった古くから伝わるものが正しいと証明され始めていることで、「ようやく科学が追いついてきたか」とも感じました。

ちなみに世界では腰痛治療に鍼灸がとても研究され喜ばしい結果が出ています。
残念ながら日本ではほとんど一般の方に知られることはありませんが。

腰痛でお悩みなら、ぜひ一度私達にご相談くださいませ。

それでは本日の予約状況です。

新患さんの当日予約の状況

本村副院長の空き状況

  • 16:00→1名
  • 17:00→1名
  • 18:00→1名

松村院長の空き状況

  • 空きなし

再診さんの予約可能人数

  • 空きなし

 
となっております。
初診で受診をお考えの方は16〜18時の予約のみとなります。
すぐに埋まってしまいますのでお気をつけください。
再診の方は本日残念ながら空きがありません。
明日以降のご予約をお取り下さい。

2017年5月29日(月)整骨院の予約状況

成人の急性腰痛診療ガイドライン

保存療法

AHCPRの『成人の急性腰痛診療ガイドライン』が勧告している急性腰痛の治療について、【患者への情報】【薬物療法】【保存療法】【外科手術】に分けてエビデンスレベル(科学的根拠の確証度)を明記して紹介していきます。

5:脊椎マニピュレーションによる治療を1ヶ月間行なっても患者の症状や機能障害の改善が認められない場合は、脊椎マニピュレーションを中止して患者を再評価すべきである(確証度D)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

お休み中のご予約はインターネット予約をご利用ください

▼Web予約はこちらからどうぞ
インターネット予約はこちらからどうぞ

*当日のご予約はインターネットからはお取りできません。
本日の受診をご希望の方はお電話にてご予約くださいませ。

▼お電話でのご予約はこちらからどうぞ
0798-38-8455

※休診日・受付時間外にお電話をいただいてもご予約を取ることはできません。
受付日、受付時間内にお電話いただくか、ネット予約ページからご予約をお取り下さい。
なお、お電話の場合は予約の変更等の受付も、必ず受付時間内にお願い致します。