おはようございます、院長の松村です。

20年以上腰痛に悩まされていた患者さん。
整形にいけばヘルニアに変形性腰椎症に…と病名を並び立てられた割にシップと痛み止めだけ、というのがイヤになり、保険が効く整骨院に行くととりあえず毎回全身マッサージされるだけでイヤになり、無資格の整体に行くと逆に余計に痛くなり、と20年間で散々な目にあってきたと初診時には仰っていました。

うちの院にも当初は来たくなかったそうですが、奥さんの強い勧めで受診されました。
昨日4回目の治療でしたが、調子をお伺いすると

「今までにないくらい楽です!正直、あまり信じていませんでした。」

と仰いました。
そりゃそうだな、と妙に納得してしまいましたが、不調の原因を探り、そこを改善するようにアプローチすることで身体は改善していきます。
まだもう少しかかりますが頑張っていきたいと思います。

さて本日の予約状況です。

新患さんの当日予約の状況

本村副院長の空き状況

  • 16:00→1名
  • 17:00→1名
  • 18:00→1名
  • 19:00→1名

松村院長の空き状況

  • 空きなし

再診さんの予約可能人数

  • 空きなし

 
となっております。

本日は副院長の初診枠以外に空きはございません。
受診をご希望の場合は、なるべく前日までにご予約をお取り下さい。

2017年6月27日(火)整骨院の予約状況

成人の急性腰痛診療ガイドライン

外科手術

AHCPRの『成人の急性腰痛診療ガイドライン』が勧告している急性腰痛の治療について、【患者への情報】【薬物療法】【保存療法】【外科手術】に分けてエビデンスレベル(科学的根拠の確証度)を明記して紹介していきます。

1:保存療法を1ヶ月間行なっても坐骨神経痛が改善せず、進行性の耐え難い痛みが持続し、神経根が関与している臨床的根拠がある場合に限り、椎間板ヘルニアに対する手術を検討するべきである(確証度B)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

手術はすぐにすべきではありません。

お休み中のご予約はインターネット予約をご利用ください

▼Web予約はこちらからどうぞ
インターネット予約はこちらからどうぞ

*当日のご予約はインターネットからはお取りできません。
本日の受診をご希望の方はお電話にてご予約くださいませ。

▼お電話でのご予約はこちらからどうぞ
0798-38-8455

※休診日・受付時間外にお電話をいただいてもご予約を取ることはできません。
受付日、受付時間内にお電話いただくか、ネット予約ページからご予約をお取り下さい。
なお、お電話の場合は予約の変更等の受付も、必ず受付時間内にお願い致します。