西宮のまつむら鍼灸整骨院 院長のブログ

兵庫県西宮市にある「まつむら鍼灸整骨院」院長のブログです。整体、鍼灸、ケガの治療、スポーツ選手のコンディショニング身体の事は当院にお任せください!

*

柔道整復師、鍼灸師を募集します。

   

こんにちは、西宮のまつむら鍼灸整骨院院長の松村です。

staff1

のお知らせです。

まずはじめに、当院の労働環境は決して甘いものではありません。
楽して高い給料をもらいたい、責任ある仕事はしたくないという方はこの先はお読みにならず、他の院をお探しいただければと思います。

当院は、平成17年2月に開業してはや10年、西宮で地域の皆様の健康に貢献させていただいて参りました。

開業当初、部活で練習のしすぎで足を痛めて受診された中学生の女の子は、現在社会人になってもその競技を続け、今でもどこかを痛めたり、コンディションを整えたり、舞台前になると必ず当院に受診してくださいます。

当院に通院されていた85歳の女性、膝が痛かったので当初は杖がないと歩けなかったのですが、杖なしで歩けるようになり、山登りにまでチャレンジされるまでになりました。

今はもう亡くなられましたが、ご家族の方にお伺いしたところ、お亡くなりになる前日までとても元気だったとのことで、非常に感謝されて、こちらが恐縮なほどでした。

派遣社員としてデスクワークのお仕事をされていて、肩こりと偏頭痛がひどすぎて一時は仕事を辞めようかとまでお悩みだった女性の方は、身体も改善し仕事が続けられる希望も持てるようになり、一生懸命仕事をしていたところ、正社員になることができ、今でも予防のために通院されております。

趣味でマラソンをされている女性の方は、ランニングを始めた当初に足を痛められました。すでに神戸マラソンの応募に当選していたのですが棄権しようかと悩んでいましたが、当院で治療をすることで無事完走できました。
また、その後も当院でコンディショニングを続けられ、初マラソンの時は5時間以上のタイムでしたが、見事4時間切り(サブ4)を達成され、一度達成されてから今まで3回のレースすべてでサブ4のタイムを出すまでになりました。

社会人になってすぐから当院に受診された柔道選手は、ケガの度に当院を受診されております。ある時は試合の2週間前にケガをしたものの、治療をし試合に出場し、団体日本一にまでなりました。

10年の間、まだまだたくさんの患者さんとともに歩んで参りましたが、それら全てをここに書かせていただくことは到底できませんが、このように、当院はただ単に自分持っている治療技術を患者さんに施すだけではなく、患者さんひとりひとりと二人三脚で、患者さんの不安を取り除き、まだ見ぬHappyな未来を作り上げていくために日々治療をさせていただいてきました。

今回、このような当院の方針に共感できる柔道整復師、鍼灸師の先生を1名だけですが募集させていただきたいと思います。

ここまでお読みいただいた先生、ひとまずお疲れ様でした。
さて、ここで当院、というか私の考えを書いていきたいと思います。

まず、雇用条件が第一優先だという先生はこの時点で読むのをおやめください。
私も経営者ですので、労働者の「権利」があることは重々承知致しております。しかしながら、本来は「権利」があるということは「義務」も発生するということになります。
にも関わらず、ご自身の「権利」を最優先されるような考えの先生は、その時点で当院で一緒に患者さんの未来を作っていくという仕事は向いていないと思います。たくさん分院展開している院で勤務されるか、職そのものを変えられることを強くお勧め致します。
そうではなく、当院の方針に強く共感してくださった先生はこの先もじっくりお読みいただければと思います。

・どんな先生を探しているか

将来、開業を考えている先生か、当院の想いを形にした院を3~5年後に違う場所にもう1院出したいと考えているため、分院長をやってみたいとお考えの先生。国家資格は、鍼灸師、柔道整復師、できれば両方の免許をお持ちの方を優先させていただきますが、どちらか片方の免許だけの方でも大丈夫です。なお、当院は保険を扱ってはいませんが、鍼灸はもちろん、柔整も保健所に開設届をしっかり出しております。法律は遵守する方針ですので、それぞれの免許を保健所に届け出させていただきます。

・当院に向いているのはこんな先生

〇この仕事が好き(治療だけでなく、患者さんと接すること自体)
〇休日等関係なく、自己研鑽のため勉強する意欲がある
〇厳しい環境に身を置いて、本物の医療人、治療家になりたい
〇礼儀礼節等が身についている
〇他人のことを考えて行動できる

臨床経験がない、少ない先生ある程度臨床経験がある先生でも、治療が好き、患者さんと関わることが好きな先生なら大歓迎です。休みの日にもセミナーを受講されたり、勉強をされたりと、仕事自体が好きで、仕事に関わることは熱心に寝食時間を忘れられる先生なら、当院の環境(後述します)は最適ではないかと思います。
若い先生は特にですが、一時期は本当に何もかもを仕事に費やすことで、将来が全然違うものになります。確かにその時は遊びたい時に遊べないなどありますが、今遊ぶ時間を取ることで、将来取り戻せないものもあるということは肝に銘じておいてください。
若い時にした苦労は、後で本当に「しんどい思いをしておいて良かった」を思います。
これは私だけでなく、ベテランの先生はみなおっしゃっています。
そしてそういう自分を高める環境が当院にはあります。

・こんな先生は当院には不必要です

×楽して給料をもらいたい先生
×仕事時間以外はプライベートだと割り切りすぎる先生
×礼儀礼節を身についていない先生
×利他の精神を持ち合わせず、自己承認欲求が強い先生
×マニュアルがないと何もできない先生
×自分で積極的に何も考えない先生
×権利ばかり主張する先生
×傲慢な先生

自覚症状ではないので、自分ではわからない部分も大きいですが、上記ひとつでも「ある」と判断した場合は、面接の途中でも中止し、その時点で帰っていただきます。
少しでも自覚のある先生はお互いの時間の無駄ですので決して応募しないでください。

・私の性格や好み等

当院で勤務すると、当然ですが私と一緒に働いていくことになります。
私がこの院を退職することはできませんしありえませんので、私個人と合わないという場合もあるかと思いますので、私のことも少し書かせていただきます。

ずっと柔道をやってきていましたので、変に体育会系と誤解されますが、礼儀礼節、義理人情を欠いていなければ理不尽に怒る、叱るようなことは絶対に致しません。
私が叱る、注意する時は、常識に欠いた言動をした時、患者さんに迷惑をかけた時、そして患者さんを治療している時の私に迷惑をかけた時、そして自分勝手な振る舞いをした時です。要するに、決して広いとは言えない同じ空間で働く者同士、利他の精神で助け合っていければなんの問題もないと思います。そしてもちろんですが体罰等もございません。(私が修業時代は殴られることもあって、それがとても嫌でしたので)
あと、自分から給与交渉、条件交渉をしてくるような人間は嫌いです。なぜなら、評価というものは他人がするものであって、自分で自分を評価するものではないからです。

また、見た目身体が大きいので威圧感があるかもしれません。
そしてよく黙っていると何か難しいことを考えているのかとよく言われます。
ただ眠たい時でも言われますので、そういうところで勝手にプレッシャーを感じてストレスになる先生は私とは合わないかもしれません。

〇当院の環境

私自身は臨床20年、のべ11万人以上の経験があります。その経験から得た知識、技術は惜しみなく提供していきます。キネシオテーピングは「元」指導員(色々思うところがあり、あえて更新はしておりません)ですので、すべて教えることが可能です。
また、当院の問診は他にはないものですので、その問診術も惜しみなく提供致します。

治療以外でも、マーケティング、コピーライティング、フォトリーディング、フューチャーマッピングⓇによるブレインストーミングや目標達成までの行動計画作り、思考を広げるためのマインドマップ等を活用しておりますので、それらもすべて提供させていただきます。また、当院は「共に助け合う」という考えですので、当院で勤務された先生は、今までに勉強した知識や技術も当院に提供していただきます。
人はアウトプットすることで、より深く理解できますので、ご協力をよろしくお願い致します。
また、私は現在「整骨院自費導入アカデミー」というものを主宰しており、毎月会員の先生方と勉強をしております。経営のこと、マーケティングのこと、治療のこと、様々な勉強をしております。参加されている先生は、開業したての若い先生から、臨床経験30年のベテランの先生までおられます。そのような先生方と一緒に勉強することができるだけでなく、新たな人脈となることでしょう。
※私がアカデミーに参加するレベルでないと判断した場合は、他の先生方の迷惑になりますので、まず院内でレベルアップしていただいてからの参加となりますので、希望したからといって必ずすぐに参加できるものではないことをご理解ください。
また、当院には、一切のマニュアルは存在しません。

これはアカデミー会員のある先生が

「マニュアルを作るということは、その人を信頼してない証拠や。院の方針や想いを伝えて、それに対して何をどのようにしないといけないか考える機会も奪う」

と言われ、私も深く共感したからです。
ですので、以前は作っていたのですが、そのマニュアルも廃棄しました。
当院で勤務していく中で、やらなければならないこと、やるべきこと、やってはいけないこと等を身体と心に刻みつけていただくことになります。

要するに、決して甘くない、厳しい環境だけど、バキバキするのが上手だとか、変にマネージメントができるとか、そういう偏ったものではなく、本物の医療人、治療家になるには非常に良い環境であることは間違いないでしょう。

・仕事内容

当院は、完全予約制、そして自費治療専門の鍼灸整骨院です。

患者さんひとりひとりに丁寧に接し、患者さんの不安や悩みに対して真摯に向き合って、安心と希望を持っていただくようにするのが仕事となります。

治療技術だけでなく、人間性、コミュニケーション能力を高め、患者さんのために何ができるかを考え、そして実践していくことが仕事となります。

・勤務地

当院は、兵庫県西宮市にあります。JR西宮駅、阪神電鉄西宮駅の両駅から徒歩6~7分程度ですので、通勤には便利な場所にあるのではないでしょうか。

詳しくはhttps://matsumura-jtac.com/aboutus/accessをご覧ください。

・勤務時間や日程

 

月・火・水・金:11時〜21時
土・祝:9時〜13時
日:休診

となっております。勤務当初は研修(後述致します)としてアルバイトとして勤務していただきますため、全時間勤務することはできませんので、時間を調整して勤務していただくこととなります。

また、治療の練習や院内での研修、セミナー参加は基本的に勤務時間に含まれません。

重要ですのでもう一度書きます。

治療の練習は院内の研修、セミナー参加は基本的に勤務時間に含まれません。

もちろん、毎晩夜中まで研修するということはありませんのでご安心いただければと思いますが、患者さんを安心してお任せできるようになるまで、それに必要なものを全てたたき込むつもりでおりますので、そのあたりは覚悟しておいていただければと思います。
外部のセミナー等受講にあたっては、ある程度経験のある先生の場合はその先生の判断にお任せ致しますが、若い経験が足りない先生の場合は、覚える順序というものがありますので、こちらで受講するべきかそうでないかの判断をさせていただきます。
なお、外部セミナーの受講料等は、「応相談」とさせていただきます。
当院にとっても取り入れることができるものであるかどうか、そして受講される先生がしっかりアウトプットできる能力があるかどうか等で決めていきたいと思っております。

・研修期間

人によって上達の速度も違いますが、最低3ヶ月はアルバイトとして研修していただきます。その後、当院で勤務する適性があると私が判断した場合は、正式に雇用させていただきたいと思います。ただ、適性がないと判断した時点で研修を中止させていただきますので、必ず3ヶ月間研修できるわけではないことをご理解ください。
逆に、短期間で適性があると判断された場合は、3ヶ月未満であっても、正式に雇用となる場合もございます。

・給与やその他の条件等

先述したように、給与等の条件だけを基準に勤務先を選択される方もいらっしゃいますので、あえて具体的な金額はここでは提示致しません。もちろん、私の修業時代の頃のように「初任給1万円」というような法外なことは致しません。
これは研修期間も同様です。
ただ私は、仕事ができる人が正当に評価されるべきだと考えておりますので、おのずと勤務当初は当院に対してそんなに貢献できるわけではありませんので、さほど高額な金額をお渡しすることはありません。
よく経営セミナー等にいくと「投資だ」と言いますが、投資するのはお金ではなく、私が今まで一千万以上のお金と、本当に血のにじむような思いをして身につけた全てをお伝えすることが投資だと考えております。
また、若い先生の場合は、あまり高額な給与を渡してしまいますと、遊びに走る傾向があります。ある程度貧乏な生活をすることで、仕事のこと以外考えられない、することがないという環境に追い込むことで、より早く一人前になることができると考えております。当院で患者さんを任せることができるようになった場合や、すでにある程度の臨床経験があり、私が「この先生なら当院で患者さんを診ても大丈夫」と判断した場合は、基本給だけでなく、歩合給をつけていきます。
これは当院が完全自費治療院だから、明確な計算で出せるものです。これにより、治療以外に少しでもやりがいが増えればと思います。ただし、今まで当院に受診された患者さんに関しては、今後も私が責任を持って治療をしていきます。
歩合給で計算させていただくのは、先生が実際に診られた患者さんの治療経過や業績に対しての評価ということになりますのでご理解くださいませ。

・応募方法

面接を行います。
面接希望の方は、月・火・水・金の11時~21時の間に、0798 20 3340までお電話ください。なお、電話での受け答え次第では、面接自体をお断りさせていただくことがあります。礼儀礼節、言葉使いには十分お気をつけください。
面接はお互いの時間を合わせて行います。
面接の際は履歴書をお持ちください。
なお、当院の見学等は一切受け付けておりませんのでご理解ください。

・最後に

なかなか厳しい条件だということは、私自身承知しております。
しかし、当院に合うであろう先生を探すためには、このように表現するしか方法がありません。
しかし、過去に当院でしっかり勤務、というより修業できた先生は、その後どこの院で勤務してもすぐに分院長になることができたり、開業してもしっかり経営できております。
臨床経験は問いません。(もちろん研修期間には影響しますが)
しかし、我々技術職というのは、就業より修業を選択することで、未来が変わってきます。面接したからと言って必ず採用するわけではありませんが、本物になりたいとお考えの先生はぜひ一度ご連絡くださいませ。

 - 当院の考え方, 院内のこと , , ,