若者たちよ、不寛容な我々を許しておくれ。

こんにちは、兵庫県西宮市のまつむら鍼灸整骨院院長の松村です。

僕は普段、あまり事件や事故などをシェアしたり、それらについて批判的なことを書くことをしないようにしている。
なぜなら、どんな世界でも、その世界にしかわからないことがあり、当事者達の事情や環境は、自分自身が全く同じ事情、環境でない限り、そのプロセスや結果をどうこう言う権利がないように思うからだ。

しかし、今回の日大アメフト部の選手の会見については、思うところを書いていきたいと思う。

あくまで私見。相容れない人もいるだろう。
ぜひ、イヤになったら読むのをやめて、ひっそりと自分が相容れる意見を書いている人の記事か何かを読むようにしてほしい。

 

彼を、顔出しさせ、実名を晒してまで、会見の場に立たせたのはいったい誰なんだろう。

対応が悪かった監督?
対応が悪かった大学?
抗議した関学?
Twitterに動画をあげた人?
それを拡散した人々?

誰?と特定することはできない。

アメフトに限らず、スポーツ界の指導者の中には、選手を公平に見ずに自身の好みで起用する最低な指導者がいる。
試合になると、ちゃんと指示を聞く選手のほうが使いやすいから、普段からそういう教育(指導者の言うことは絶対)をする指導者がいる。進路を脅しのネタにすることだってある。
そういう指導者の世界から逸脱しようとする選手は排除し、徹底的に惨めな思いをさせ、他の選手への見せしめとする。

今回の日大の選手の追い込まれた気持ち、僕はわからなくもない。
なぜなら、僕自身同じような目に遭ったことがあるから。

あれは本当に辛い。
自分より弱い選手が試合に出る辛さ。
でも、そういう選手も経験を積んでくると強くなる。
練習でいくら投げても認めてもらえない悔しさ。

好きだった柔道が嫌いになった。

ただ、僕は日大アメフト部の前監督の本当の人となりを知らない。
だから本当に好き嫌いで選手を起用する指導者だったのかどうかわからない。
指導者が「交流戦など無くなってもいいだろう」と発言したことも、本心からなのか、それとも彼の過度な緊張、気負いを和らげるための発言だったのかもわからない。(まあたとえ後者でも言っていいことと悪いことはあるとは思うし、この発言はどっちにしろダメだと思うが)

もちろん、指導者がどうであれ、大怪我を負わせるような反則をしていいということにはならない。
それは会見をした彼自身も言っている。

彼のミスは、利他の精神を忘れたことにある。
QBを潰す、この行為がチームの勝利のための行為なら、「反則を犯してまで」とはならなかったはず。
自身が起用されるため、という自利の気持ちが出たからこそ、今回のようなプレーになったのだと思う。
監督も、選手のためにチームを勝たせたかったのか、それとも自身の名誉のために勝ちたかったのか?
秋の公式戦で有利になるためには、反則をしてまで相手選手を潰すよりも、ルール内で完膚なきまでにたたきのめして「こいつには勝てない」と思わせるほうがいい。

自利と利他で、同じ選択肢を選んでも、結果が変わる。

世間よ、我々はそれほど清廉潔白だろうか?

一切ルールを破ったことはないだろうか?

こんな未来ある若者が、今回のようなことで一人で会見しないといけないところまで追い込まれるようなことは二度とあってはならないと思う。

 

若者たちよ、今回の件でこんな我々を見限らないでくれ。
君たちがこれからの世の中を支えていくのだから。

 

会見に立った君へ。
僕は君を知らない。
どんな子かもわからない。
僕はアメフトを知らない。
ルールも知らないから、試合を見たこともない。
でも、アメフトを嫌いになる必要はない。
僕は柔道をしていたが、今まで反則を一切しなかったかというとそんなことはない。
アメフトを辞める辞めないではなく、今回のことでアメフトを嫌いになるのはちょっと待ったほうがいい。
僕は柔道が好きだ、今は。
しょーもない指導者のせいで、一度は嫌いになったけど、そこからまた柔道の魅力がわかった。
僕は柔道が嫌いだったのではなくて、その指導者の指導が嫌いだっただけと気がついたから。
時間はかかると思う。
でも、今回のことをよく考えて、本当にアメフトが嫌いなのか、もう二度とやりたくないのか、もう一度考えて欲しいと思う。
なんなら、アメリカとかにいけばいい。ビジネスなら今だと中国かな。
こんな不寛容な日本にこだわる必要なんてない。
スポーツでもいい、ビジネスでもいい、何かで一流になってぜひ日本を、我々を見返してくれ。
こんな経験をした君にしかできないこともあるはず。

人生色々、今は少し休んで、また頑張ってほしい。