右(左)の腰からおしりにかけて痛むときの対処法 – 西宮のまつむら鍼灸整骨院 院長のブログ

右(左)の腰からおしりにかけて痛むときの対処法

こんにちは、西宮市まつむら鍼灸整骨院院長の松村です。

 

当院に受診される患者さまの症状で多いのはやはり腰痛です。
中でも、

 

「右(左)の腰からおしりにかけて痛む」
「右(左)の腰からおしり、ふとももにかけて痛む」

 

という場合や、中にはふくらはぎあたりまで痛むという方も受診されます。

実は過去に私も同じ症状で悩まされていました。
私の場合は、右の腰からおしり、太ももの外側にかけて痛みが出るという症状でした。

原因は柔道。
私の得意技や競技スタイルが、腰痛を引きおこす原因になっていたのです。
かなり辛かったのを今でも覚えています。

このように腰痛だけでなく、おしりや足にかけてまで痛んだりだるくなったりするような症状もセットになってしまっていると、日々不快ですし、腰痛が気になってしまって、仕事に集中できなかったり、身体を動かすときも不安になります。

そこで今回は、当院にこのような腰痛の患者さまが来られた際にお伝えしているケア方法をお伝えさせていただき、頑張って仕事できるようになっていただきたい、不安をなくしていただきたいと思います。

 

悩まされるその腰痛の原因、実は腰以外にありました

「腰が痛いから腰が悪い」そう思いがちですが、腰痛だけでなくおしりや太ももにかけてまで痛みが出るような場合、そのほとんどが他の場所が原因で症状が出ていることがほとんどでした。

今回は、右の腰からおしり、太ももまで痛むという人をモデルにしてみました。

↓の写真をご覧ください。

 

右のつま先のほうが倒れているのがおわかりいただけるかと思います。

寝ている状態ですのでつま先が平行になることはありませんが、左右対称が理想的です。

実は、腰痛やおしりの痛み、太ももまで痛くなるような場合、症状が出ている側のつま先が開きすぎていることが非常に多いのです。

このつま先の方向は何によって決まるかというと、股関節。

実は左右どちらかに偏った腰痛、おしりや太ももまで痛むような腰痛の原因は股関節にあったのです。

 

 

右 (左)の腰からおしりにかけての痛みを解消する、
自宅でできるカンタンストレッチ

さて、腰痛だけでなくおしりや太ともまで痛みが出ているときの原因は股関節であるということがおわかりいただけたところで、それを解消するストレッチをご紹介させていただきたいと思います。

そのストレッチを行うだけで、このようになります。

比較してみると一目瞭然ですね。

 

では、実際にストレッチを行って、写真の結果が出るまでを動画にしましたのでご覧くださいませ。

 

寝ながらできる腰痛ストレッチ↓

 

次に立ったままできる腰痛のストレッチです。

 

ご自宅でカンタンにできるので、腰痛でお悩みの方はぜひ実践してみてください。

なお、安全のため、

・股関節が人工関節である
・臼蓋形成不全と診断されている
・変形性股関節症と診断されている
・先天性股関節脱臼と診断されている

という方は、このストレッチは行わないようにしてくださいませ。

 

 

まとめ

腰痛と一言でいっても色々な種類があります。
今回は、腰痛とともにおしりや太ももまで痛みや重だるさが出てしまう、そんな症状でお困りの方に特化して対処法を書かせていただきました。

今回の方法は、私自身が柔道の現役選手の頃に悩んでいた症状の解消するものでして、個人的には非常に思い入れのあるものです。

また、腰痛とともにおしりや太ももまで痛みや重だるさが出ていたたくさんの患者さまにこの方法をお伝えさせていただき、みな喜びの声をくださる、良い方法だと思いますので、おしりや太ももまで痛みや重だるさでお悩みならぜひやってみてください。

かなりきつい症状の場合や、ストレッチをしても症状が軽減しない場合、もしくはこのストレッチがご自身の症状に合っているかわからないという場合は遠慮なく当院にご相談くださいませ。

(柔道整復師・鍼灸師 松村正隆 監修)