警察その1

ブログ
Spread the love

こんにちは。まつむら鍼灸整骨院受付の岩永です。

先日院で受けた遺伝子検査の結果が届きました。「あぁやっぱりな。。」「ヤバイっっ気をつけないと死ぬ!」と、朝からジャイアントコーンを食べている場合ではないと気を引き締めました。

みなさん警察署に行った事はありますか?

今ではこんなしょぼくれていますが、こう見えて以前は関空のJALの国際線で働いていました。

空港で働いていた時ですが、一度警察署に連れて行かれた事があります。と言っても私が何か悪い事をした訳ではありません。

仕事中に色々あって私が警察に通報した方が逮捕されました。

その日私はカウンター責任者をしていました。スタッフをみんな順番に休憩に回しており、たまたま私一人の時でした。

突然外国籍の方が「不審者に後をつけ回されている 、助けてくれ!」と助けを求めて駆け込んで来られました。その横には不審者と言われている方(日本人)がいました。

最初は「2人で私をからかっているのでは」と思いつつ暫くその外国籍の方、不審者の方両方の対応をしていたのですが、その外国籍の方は警察を呼んでくれと言っておられ、お話しをお伺いしていくうちその不審者の方はやはり不審で、私も「これは警察を呼んだ方が良い。」と判断し警察官に事情を伝え来てもらいました。

空港なので警察官も常駐されており、たいていいつも同じ場所におられるのでそちらまで呼びに行きました。

警察官も来られ、あとはその不審者の方は警察官にお任せをし、助けを求めて駆け込んで来られた外国籍の方は特に警察官に止められる事もなかったので、無事に帰国されました。

暫くしてスタッフ、マネージャーも戻ってき、マネージャーと交代で私が休憩に行く事になっていたので引き継ぎと共にこの件も伝えました。そして「さぁお腹空いた!何食べよっかな−!!」と思っていた時です。ご飯の時間が何より幸せです。

「先ほど警察に通報したスタッフを探している。」と警察官が来られました。先ほどとは違う私服の警察官です。カウンターの外を見ると、通報して来てもらった警察官は1人だったのに、20人くらいの警察官がその不審者の方を囲っていました。

すると「△時△分に×××で逮捕した。」「詳しく事情を聞きたいので警察署まで一緒に来てほしい。」との事でした。逮捕理由まで伝えて下さるんですね。そーだったの?!とビックリしました。

お腹が空いて大変だった(自己都合)ので今からですか?と聞くと、記憶が新しいうちがいいから今すぐにと言われました。

どれくらいかかるか聞くと「4~5時間くらいですかね」との事でした。

え?!?!4~5時間??そんなに???ご飯どーするの?!!!

頭の中はご飯の事だけでした。

警察に協力するのは当たり前だしもちろん行かせて頂きますが、私の心の中は「でもでもちょうど今から休憩でご飯で、めちゃめちゃお腹空いてるしさっきからグーグー鳴ってるのよーーー!」でした。

その後はすごく大変な便の受付も始まり忙しくなるし、ましてや責任者の私がいないなんて…と「忙しいので、申し訳ないですが仕事終わったら行きます。」と伝えると、今すぐ一緒に来てもらいたい、急いで早めに終わるから、と聞いてもらえませんでした。

するとマネージャーに「私が変わりにいるから行っておいで。」と言われそのまま着の身着のまま警察署に行く事になりました。

季節は冬だったのですが仕事中は暑くて半袖Tシャツ1枚です。そのまま外に出ると寒いのですが、ジャケットを取りに行く時間さえももらえずちょっと驚きでした。

私が警察に行くと言う事をマネージャーがオフィスに連絡すると、他の上司が一緒に行くから待つように、との事でした。

警察官に上司が来るのでちょっと待って下さいと伝えたのですが、「いや、待てない。早く。」とかなり強引に外に連れて行かれ、パトカーに押し込まれ両隣を警察官に挟まれ警察署に連れて行かれました。

見ていた何も知らない人たちにはきっと、私が何かして警察に連行されている様に見えたと思います。通りすがりのスタッフたちも「え?はるさん??」の表情でした。

 

長くなってしまったので、続きはまた次回書きたいと思います。

 

 

 

 

1 thought on “警察その1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。