警察その2

ブログ
Spread the love

こんにちは。まつむら鍼灸整骨院受付の岩永です。

毎日暑くて大変ですね。先月に受けた人間ドックの結果、少し高い数値があり気になって受診すると「疲労と脱水」との事でした。みなさんも十分な睡眠と水分補給を気をつけて下さいね。

 

前回の続きを書きたいと思います。

 

 

警察署に着くと、よく刑事ドラマで見る様な取調室に入れられ事情聴取が始まりました。取調室の中は、警察官1人と私の2人だけでした。

半袖なので部屋の中でもとりあえず寒くて。あとお腹も猛烈に空いており、グーっと鳴らないか、ただただそれだけが心配でした。鳴ったらやっぱり恥ずかしいので。笑

寒そうにしていたのが分かったのか、ジャケットを貸してくれました。あとペットボトルのお茶も1本頂きました。

事情聴取と言われたので、無知な私は外国籍の方が逃げ込んで来られた時の事、逮捕された方と話していた事などだけを聞かれるのかと思っていたのですが、私の出身地、出身校、この会社にはいつ入社したか、住んでいる場所、いつもはどんな仕事をしているのか、何時から何時まで働いているのか等々、私自身の事も全て詳しく細かく聞かれました。

ミステリーがご飯と同じくらい大好きでよく見るのですが、よく取り調べを受けている人が「さっきも同じこと聞かれたよ」とか言っているのですが、よく分かりました。

警察官に話しているうちにさっきは忘れていた事もどんどん思い出してくるんです。記憶が蘇ってくる感じでした。

逮捕された方の事も、どこどこ出身で何歳で…などと教えられ、知っている人かどうかなども聞かれました。もちろん面識のない方でしたが。

中は警察官と2人なので静かで、お腹が鳴ったら絶対に聞こえるのでお腹が鳴りそうになったら頂いたお茶をグッと飲む、を繰り返していました。

最後に、逮捕された方がいる部屋の前に行って覗き穴?からその人の顔を見て、本当に知らない人か、会った事はないかなどもう一度確認がありました。

4~5時間かかると言われていたのですが、上司が後から来てずっと待っていたので「上司の方もずっと待たれているので」と2時間ほどで帰してもらいました。

帰ったらまずご飯を食べてもいいのか、それとも長時間抜けたのですぐに業務に戻らないといけないのかなと思っていたら、その上司に「こんな状況になってしまったから。」とまずレポートを書いてから業務に戻るよう指示されました。

何でもかんでレポートだったので予想はしていたのですが、心の中は

『お腹空いたよ~ご飯ごはーーーーーん(涙涙涙)』でした。

代わりに見てもらっているマネージャーに連絡すると「気にしないでいいからちゃんとご飯も食べて休憩して来るのよ。」と言ってもらいましたが、この時間は一番大変で1人でも多くスタッフが必要な事は分かっていたので、とりあえず簡単なレポートでいいと言われたのでダッシュでマクドナルドに行きビッグマックセット(チーズ抜き)を買い、片手で早食いしながらレポートも大急ぎで仕上げ20分ちょっとで業務に戻りました。

ビッグマックセットだけでは全然足りませんが、時間がないので我慢しました。

警察に行く事になった経緯と、業務を離れご迷惑をおかけし申し訳ありません。。の様なレポートだったのですが、後日他の上司がこの件を知り、「言葉も通じなく困っていた方を助け、さらに犯人逮捕にまで至り警察にも協力した…云々。。これはレポートではなく表彰されるべき例だ。」と。

その後部長表彰を受けました。

警察署に連れて行かれ、ましてや事情聴取を受けるなんてそう経験のできる事ではないなぁと、とても貴重な経験をさせて頂きました。

 

余談ですが。

後日、あるテレビ番組とコラボして当時の新しいビジネスクラスを宣伝すると言うのがあったのですが、誰がテレビに出演するか?となり、なんとこの部長表彰のおかげで私が選ばれテレビ出演する事になりました。

事前に、タレントさんに△△と聞かれるのでXXXと説明するようにと、A4サイズの原稿を渡され長い台詞を覚えさせられたのですが、けっきょくそれを言う事はなく、宣伝と関係のない事をタレントさんと話して終わりました。

数分間だけでしたがテレビにまで出演する事ができました。笑

空港で長く勤務していると、色々な事件やイベントでニュースに写り込む事も何度かありましたが、ちゃんと台詞もある出演はこれが最初で最後でした。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。