地元

ブログ
Spread the love

こんにちは。受付の岩永です。

今朝は今年一番なくらい寒く感じました。冬用のコートを今年初めて着てきました。暑いのも嫌ですが、寒いのも、寒すぎると色々痛くなるので嫌です。

週末街をブラブラした続きで…京都の家に久しぶりに行きました。

山が削られ、沢山の周りの方が立ち退きでいなくなり、高速道路が出来て家の周りは大きく変わったと以前書きましたが、家の前にちゃんとした道路が出来ました。道路を渡って下を除くと高速道路が走っています。山、竹藪などだけで本当に何もなかったのに…と未だに不思議な感じがします。

今はちゃんと普通の道路が出来たから車もどんどん上がって来ますが、昔はタクシー使っても「…この上車通れるんですか?ちょっと自信ないです…。」と途中で降ろされる事もありました。笑 通っていた幼稚園のバスも来てくれず、下の方で降ろされて歩いていました。

住人にしか難しい様な、細い狭い道だったので仕方なかったんですが。笑 今は電動自転車をとても重宝していますが(車の運転は家族から禁止されているので)、当時その存在を知っていたらとすごく思います。

様変わりしましたが、家の裏を見ると変わらない風景です。せっかくなので夫と息子を、私が子供の頃遊んでいた家の周りを案内しようと散歩に出ました。

すぐもう山ですが、家の裏には柿畑が広がっています。この風景を見ると「あぁ。家だ。」と思います。笑 地元は柿と竹の子で有名な所で、今は柿のシーズン真っ盛りです。柿畑と竹藪はまだ残っている所もありました。

50メートル程上に行くともう道はなく山なのですが、その山はまだあります。奥の方は分かりませんが、何だか入り口付近は歩きやすい様に綺麗になっている気がしました。

               

山の入り口にどなたが作られたのかお地蔵さんができていました。

家から10メートル程上がった所によく遊んでいた川があります。ここを下るとすぐ川です。カニがいっぱいいていつもカニを捕っていました。

               

今ではもう誰も来ないのか、なんだか廃れていました。分かりづらいですが川が流れています。なんだか水の量がだいぶ少なくなっていました。カニはまだいました!笑

川は森の中にあって周りは木や草だらけです。奥は竹藪になっていたのですが、竹藪の中に道ができていました。

写真はないですが、他にも森があって、子供の頃は木や草などをかき分けてその中に入り遊んでいたのですが、もう今は虫とか蛇とかいたら嫌だし怖いし、汚れるしこんな草木の中かき分けて森になんか入れない…でした。笑

夫と息子にこの中入れる?と聞いたのですが、息子も「怖い。嫌だ。」でした。笑

今は環境も変わったしいるか分かりませんが、「マムシ注意」の看板が子供の頃は至るところにありました。

森や山の中、田んぼや畑、川などで遊ぶのが子供の頃はとても楽しかったです。と言うか、公園とかも近くにはなかったので、そこしか遊ぶ所がなかったんです。笑

冬には大雪が降って雪山になるので、ソリで滑り降りたり大きな雪だるまを沢山作っていました(ソリは得意でしたが人生で一度もスキーは経験した事がありません。笑)。息子にもいつかそんな経験をさせたいなと思います。

ちなみに。家から50メートル程下った所に田舎なのによくドラマの撮影で使われていた別荘の様な一軒家があったのですが、それはなくなっていました。おみやさんのドラマで渡瀬恒彦さんも来ていました。笑

次また京都に帰る時は、昔遊んでいた場所をもっと探検しようと思います。様変わりしましたが、やはり育った場所は好きです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です