当院における新型コロナウィルス(COVID-19)感染症対策への取り組み – 西宮のまつむら鍼灸整骨院 院長のブログ

当院における新型コロナウィルス(COVID-19)感染症対策への取り組み

こんにちは、兵庫県西宮市のまつむら鍼灸整骨院院長の松村です。
今回は、当院での新型コロナウィルス(COVID-19)の感染予防の取り組みを知っていただき、安心して受診していただければと思います。

ただ・・・後述しますが本音としては、元々あらゆる、というかインフルエンザレベルの感染症が予防できる衛生基準を満たしていますし、本来はあまりナーバスにならなくてもいいものですし、過剰な対策、警戒が更に無用な不安を生むので本来はあまり大げさにやりたくはありませんが、今の国の方針ですので仕方なく従ってやっている、という感じです。

いつか正しいことがわかります。
そのとき「今までのあの騒ぎはなに?」となるかと思います。
そのときはすべてリセットし、元々の国に定められた衛生基準に戻します。

 

国に定められた基準をクリアしています

当院は鍼灸整骨院ですので、医療の国家資格を持っていないことには開業できません。
実は鍼灸院、整骨院ともに法律で定められた衛生基準があります。

・施術室は室面積の 1/7 以上に相当する部分を外気に開放できること。ただし、これに代わるべき適当な換気装置があるときはこの限りでない。

・施術に用いる器具、手指等の消毒設備を有すること。

・常に清潔に保たれていること。

・採光、照明及び換気を充分にすること。

(根拠法令)
〇あはき法第 9 条の5〇あはき法施行規則第 25 条、第 26 条〇柔整法第20条〇柔整法施行規則第18条、第19条

待合室の面積、治療室の面積から消毒滅菌設備、換気設備など、医院や歯科医院と同様の基準をクリアしていないと開業できないのです。

また、開業する際には各市町村の保健所に「開設届」というものを出すのですが、届出をしたあとには立ち入り検査があります。これは市町村によっては立ち入り検査のないところもあるようですが、西宮市はきっちりと行われます。

当院の場合は開業時に1回、そして届出内容に変更があった際にもう1回の検査を受けており、その都度、きっちりとクリアしております。

実は、この基準をクリアしているだけで、新型コロナウィルス(COVID-19)感染症の対策もしっかりできてしまっているのですが、受診いただく患者さまに安心していただけますよう、更に新型コロナウィルス(COVID-19)感染症のために行っている対策を紹介させていただきたいと思います。

 

BCP(事業継続計画)を策定し兵庫県に支援をいただいてます

BCP(事業継続計画)についてはこちら

自然災害やテロだけでなく、計画の中に今回の感染症が出た場合に対しての対応を盛り込んだ計画を作り、兵庫県から支援していただいております。

 

検温について

・患者さまへの検温

僕もお店でされて良い気がしないので心苦しいです。
そもそも、マスクして換気してアルコール消毒して・・・としていれば、たとえ患者さまが感染してようが全く問題ないんです。
現在は仕方なく検温させていただいております。
本当に心苦しいですが、ご協力ください。

 

・スタッフの検温

逆もまた・・・というやつで、本来は感染症対策ばっちりなので、たとえ僕や受付スタッフが感染していても患者さまに感染させることはありえないのですが、しっかりと毎日検温しております。

うちは僕はもちろんのこと受付スタッフも僕の奥さんも健康優良児だからなのか、発熱どころか風邪だ体調不良だもなく、元気に働いております。(受付スタッフは中高6年間皆勤賞も取ったことがあります。すごい!)

 

飛沫感染対策として

実は新型コロナウィルス(COVID-19)感染症の感染経路の多くが飛沫感染です。
ですので、十分な換気が必要と言われます。
当院は国で定めた医療機関用の衛生基準の換気条件をクリアしつつ、更に新型コロナウィルス(COVID-19)感染症対策のための対策を取らせていただいております。

換気・空気清浄

コロナウィルス(COVID-19)感染対策の1つに、充分な換気があります。
実はこの換気が新型コロナウィルス(COVID-19)感染症での一番の予防になります。(ほとんどが飛沫感染ですので)
先述したように基準の換気設備がないことには開業できないわけですが、元々当院は基準の数倍の換気ができるように作られています。

更に治療ブースに空気清浄機を設置しております。

更に、各所には空気清浄機能付きの温冷風機を設置しております。

 

マスク着用について

患者さまへのマスク着用のお願い

治療家としてはマスクはとても身体に悪いので、患者さまにはあまり長時間のマスク着用はお勧めしたくはありませんし、本来は換気が十分なら10分、15分くらいの接触なら感染リスクも限りなく低いのですが、濃厚接触の定義に基づき、仰向けで寝ている状態や座ったり立ったりした状態で治療家である私や受付スタッフと対面している場合にマスクの着用のお願いをしております。

 

スタッフ全員のマスク着用

僕はもちろん、受付スタッフも常時マスクを着用しております。
マスクも、最近販売されている通気性の良い、全く予防にならないマスクではなく、不織布マスクを使用しておりますのでご安心ください。

 

接触感染対策

実は新型コロナウィルス(COVID-19)感染症では、接触感染は少ないのですが、こちらもしっかりと対策させていただいております。

患者さまに直接接触するものについて

また、患者さまに直接触れるもの(タオル類、ベッド)などは、お一人の患者さまが終わられましたら、その都度アルコールにて消毒をしております。これはコロナウィルス(COVID-19)が出る前からずっと行ってきておりますのでご安心ください。

なお、患者さまのお顔に触れるフェイスタオルにつきましても除菌用洗剤によって洗濯しておりますので、こちらもご安心ください。

なお、患者さまが触れるであろうあらゆる場所は、患者さまが来院される都度消毒させていただいておりますのでご安心ください。

 

術者(治療者)の手指消毒について

術者、すなわち私の「手」の消毒についてです。
こちらも開業時より、患者さまお一人の治療が終わった際に「医療用の手洗い方法」にて、消毒用石鹸で手洗い後にアルコール消毒を行っております。もちろん現在も継続して行っておりますのでご安心ください。

 

患者さまにも手指消毒のご協力をお願いしております

受付カウンターに非接触型のアルコール噴霧器を設置させていただいております。
お手数ですが、そちらで消毒をお願いしております。
手荒れなどで消毒できない場合は申告してください。
それで受診を拒否することなどは一切ありませんのでご安心ください。(代替案はいくらでもありますので)

 

鍼灸について

鍼灸につきましては、当院ではすべて使い捨てのものを使用しております。
ですので、患者さまおひとりおひとりに使用しているものは全て完全消毒、滅菌状態となっておりますのでご安心くださいませ。

 

完全予約制なので他の患者さまと接触することはありません

当院は完全予約制となっており、コロナウィルス(COVID-19)が日本で発生してから予約をコントロールし、他の患者さまと同じ時間に院内に居るという状況をなるべく避けるようにしておりますのでご安心くださいませ。

 

現在までの実績

コロナウィルス(COVID-19)より前に、SARS、豚インフルエンザが発生したこともありました。
そのときもマスクが売り切れるという騒ぎになったのを記憶しております。

当院におきましては、これらの際にも当院を媒介した感染者は一切出しておりませんし、毎年発生する季節性インフルエンザも同様にしっかり感染予防できておりますのでご安心ください。

 

まとめ

今回は当院の取り組みについて書かせていただきました。
このように、一介の医療機関として国の定めた基準を遵守するだけでなく、更に患者さまに安心快適に治療を受けていただけるよう様々な取り組みを行っておりますのでご安心ください。

 

※新型コロナウィルス感染症(COVID19)の実際

まず、現状日本は世界と比較してものすごく抑え込みに成功している国です。
例えばインドでは、1日に20万人の感染者が出ています。
インドの人口と日本の人口を比較しても、インドと比べると感染率は4分の1以下です。

次にPCR検査について。
この検査は本来感染症の調査で使われるほど成熟した検査方法ではありません。
サイクル数というものを高くすれば、とても小さなウィルスの死骸、それも、新型コロナじゃないウィルスの死骸でも新型コロナ陽性とさせることができてしまいます。

PCR検査陽性イコール新型コロナウィルス(COVID19)感染ではありません。
今のテレビを含むマスコミの情報は操作されすぎてます。

変異種は若い子でも重症化する、という点についても、未だデータでの根拠は出ておりません。

医療崩壊については、新型コロナウィルス(COVID19)を感染症予防法の2類相当にしているために、PCR検査陽性者であれば新型コロナウィルス(COVID19)に感染していなくても病床に収容しないといけないために起こっているものです。

要するに、緊急事態宣言が出た原因はPCR検査が陽性だったという多くの軽症な人をも病院や指定のホテルの部屋に閉じ込めておいて「重症者が入れない」からです。

5類相当(季節性のインフルエンザと同じ扱い)にすれば一瞬で問題解決できるものです。

なお、現在騒いでる東京都知事と大阪府知事は両方とも自民党ではありません。
すぐに「緊急事態宣言を国に・・・」とアピールしますが、もはや政治のパフォーマンスです。
なぜなら、彼らからすると緊急事態宣言の申請をした時点で政府に責任丸投げです。
本来は必要ないのですが、もし国が宣言を断ったら「僕(私)は都道府県民のことを考えて申請したのに国は我々を見捨てた」とアピールできます。

国が申請を受ければ「僕(私)があなた方(都道府県民)のために国を動かした」とアピールできます。
野党からすると今回の騒動を含め災害的な出来事のときは必ず勝てる勝負ができるので一生懸命なのです。

世界的に見て、日本は新型コロナウィルス(COVID-19)感染症を制御できている、とバレれば与党の評価が上がってしまうので、今野党は必死で危険だ、崩壊だ、と大騒ぎしてるのです。
※僕は別に自民党信者ではありませんので誤解なきようお願いします。

※出典:厚労省

ちなみにですが、飲食店の協力金なんて「払う」と言っておきながら全然支払われていません。
このままだと資金繰りができずに、受け取れるはずのお金を受け取ることができずに潰れていく飲食店がどんどん増えるでしょう。想像してみてください。その、払う予定で計上していたけど払い先がいなくなって浮いたお金はいったいどこのだれに入るのでしょうか?

ちなみに、当院も新型コロナウィルス感染症対策の費用の一部に補助金を活用しましたが、申請の際に書類は紛失される、期日だなんだがウソばっかりで危うく支払いされないという状況に何度も戦いながらクリアしたにも関わらず、未だに支払いがされていないどころか、何の連絡もありません。(知り合いの先生は1年前のものが最近ようやく支払われたそうです)

コロナ騒動で色々大変でしょうが、大阪では飲食店の見回りの人件費はすぐに支払われています。
監視するものにはお金をすぐに支払い、協力した対価は支払わないというのが現状なのです。

感染した人が重症化する割合は 約1.6%(50歳代以下で0.3%、60歳代以上で8.5%)、死亡する人の割合は 約1.0%(50歳代以下で0.06%、60歳代以上で5.7%)です。

現時点(2021年4月21日時点)で、今までの感染者の累計人数と日本の総人口で算出した感染率が0.43%です。

もしあなたが基礎疾患をお持ちでない50歳以下の方の場合、重症化する確率は0.1%程度です。
もしあなたが基礎疾患をお持ちでない50歳以下の方の場合、死亡する確率は0.03%程度です。

もはやギャンブルで大金入る、宝くじに当たるレベルです。
歩道を歩いていても車は突っ込んできます。

台風のときに田んぼの様子見に行くよりも安全な確率なのです。
季節性インフルエンザに感染したらパニックものです。

PCR検査数を増やせば陽性者数も増えます。
分母が増えれば分子が増えるのは当然なのです。

例えば100と10000という数字。
これだけ見たら10000のほうが大きい数字です。

1000分の100と、100000分の10000なら?

マスコミが言ってるのは分子の数のことであることが非常に多いのです。

ぜひ、これをお読みいただいた方々にお願いしたいのは、論理的に考え判断していただくこと、そして不安を煽ってほぼウソしか言っていないテレビやネットニュースを見ないということが正常な判断をする上でとても大切なことであるということをわかっていただきたいのです。

本来、電車の中で1人2人がマスクしてなかったとしてもそれによって感染拡大が起こるわけではありません。
本来、ウィルスは夜行性ではありません。
本来、ウィルスはアルコールを好んだり、アルコールを媒体にして感染するのではありません。

同調圧力にやられないだけでなく、自身が知らず知らずの間に同調圧力をかける側に回ってしまわないよう、みんなで気を使いあいながら生きていきたいものです。

厚労省の資料はこちら

(柔道整復師・鍼灸師 松村正隆 監修)